トップページ > 助成制度 > 新製品・新技術開発支援 助成金

1.新製品新技術開発支援 助成金

▼ 事業内容

台東区内の中小企業が、自社もしくは学術研究機関と共同で、今まで世間一般にないような製品や先駆的な技術を開発する場合に、経費の一部を助成します。

→令和元年度に採択された企業の事例はコチラからご覧ください
→チラシ版はコチラからご覧ください

▼ 申請期間

令和3年5月10日(月)~7月2日(金)

▼ 助成内容


※人件費はソフトウェア開発の場合に限り、助成限度を50万円とします
対象となる製品・技術・経費
2021年4月1日~2022年3月31日までに支出するもの
自社もしくは学術研究機関と共同で、今まで世間一般にないような製品先駆的な技術を開発する場合
従来にはない新規性がある製品・技術で、他社の製品を上回る性能・機能を持つもの
安全性や市場性、開発の実現可能性や信用性、環境性等の点で優れているもの
※新製品及び新技術の開発が、申請年度内の完成するか否かは問いません。
対象とならない製品・技術・経費
×開発する製品が食品の場合
×効果や効き目等に個人差が考えられる製品や技術の開発は、申請の対象とならない場合があります
×単なる自社の業務改善に関わる設備導入費用等
×消費税

▼ 事業の流れ



申請受付前に、職員による申請要件の確認と、商工相談員との申請内容についての面談を受けていただくことが必要です。申請書を作成する前に、下記お問い合わせ先にお早めにご相談ください。
・助成を受けるためには、採択審査(書類・面接)で助成対象として採択される必要があります。
・面接審査は、書類審査を通過した申請者にのみ実施します。
・面接審査は、8月下旬を予定しております。

▼ 申請時 提出書類



注:ご提出いただいた書類は、お返しいたしませんので、ご了承下さい。

所定申請用紙
  1. 申請書(ワード形式)
    申請書(記入例)(PDF形式)
  2. 事業計画書(ワード形式)
    事業計画書(記入例)(PDF形式)
  3. 事業資金計画書(エクセル形式)
    事業資金計画書(記入例)(PDF形式)
  4. 申請前確認リスト(エクセル形式)
    申請前確認リスト(記入例)(PDF形式)
   ※創業して1年未満の場合
   ・開業時資金計画書(エクセル形式)
   ・開業時資金計画書(記入例)(PDF形式)

▼ 留意点

<対象となる企業>
下記①②を満たす台東区内の中小企業が対象です。
①区内に本店(法人)、事業所(個人事業主)がある
②区内に営業の本拠を有する中小企業
また、みなし大企業、農林・漁業、風俗関連業、金融業等の業種や、宗教法人、社団・財団法人 (一般・公益)、NPO法人等は対象となりません。

<その他>
・国や都など、他機関が実施している同種の助成事業と重複して助成を受けることはできません。
・「新ビジネスチャレンジ支援事業」、「アトリエ・店舗出店支援事業」と重複して助成を受けることはできません。
・親会社・子会社・グループ企業等関連会社との取引は対象となりません。
・一般的な市場価格または研究開発の内容に対して著しく高額な場合は対象となりません。

<助成対象決定後について>
・企業情報サイト「たいとう企業ナビ」への登録をしていただきます。
・区広報、事業団ホームページ等で企業名・所在地・事業内容等を公開します。
・翌年度から3年間(年1回)事業の遂行状況報告書を提出していただきます。