トップページ > 助成制度 > 外国語メニュー・パンフレット等作成支援 助成金

外国人観光客おもてなし支援
外国語メニュー・パンフレット等作成支援 助成金

2019年4月1日(月)~ 先着順

▼ 事業内容

台東区内の中小企業※が、外国語のメニュー・パンフレット等を作成する
場合に、経費の一部を助成します。
※区内に本店所在地(法人)、事業所(個人事業者)があり、かつ区内に営業の本拠を有する中小企業です。
農林・漁業、風俗関連業、金融業等の業種や、宗教法人、一般社団法人、NPO等は、対象となりません。

▼ 申込期間  

2019年4月1日(月)~ 先着順。予算満了時点で終了。

募集終了後、申請の取り下げ等があった場合には、追加募集を行う場合もあります。

▼ 助成内容

 助成限度額及び助成率 経費区分(※注1)   助成対象経費
【1】と【2】を合わせて最大10万円  【1】5万円(助成率:1/2以内)  【1】メニュー・パンフレット等
作成費
*企画コンサルティング、コンテンツのデザイン、写真撮影等の素材作成に係る経費等
*成果物の印刷製本に係る経費等
*進行管理に必要な経費等
  【2】5万円(助成率:1/2以内)  【2】外国語翻訳費 *コンテンツに掲載する情報の外国語翻訳費

例)経費区分 【1】10万円、【2】6万円の場合 → それぞれ1/2が助成額となり、
【1】5万円+【2】3万円 =8万円が助成合計金額となります。

▼ 留意点

【申請について】
○申請は、1企業、年1回までです。
○2020年2月末日までに経費の支払を終了し、かつ、実績報告を当事業団に提出できることが条件です
○外国語メニュー・パンフレット等の更新・リニューアル(作り直し)は、対象となりません。
○国や都など他機関が実施している同種の助成事業と重複して申請することはできません。

【対象経費について】
○助成対象経費は、申請日以降、2020年2月末日までに支出するものが対象です。)

【対象とならない経費について】
○消費税
○パソコンやデジタルカメラ、デジタルサイネージ等機材・パソコンソフト購入費など、汎用性のあるもの(デジタルサイネージの場合、外国人向けコンテンツ作成費、外国語翻訳費が対象となります。)


【その他】
○外国語翻訳費等の経費が一般的な市場価格に対して著しく高額となる場合には、その理由について申請事業者および委託先事業者の双方からの説明を求める場合があります。
○外国のお客様に対して誤解を与えるような表現や誤訳がないよう、ご注意ください。
○事業実施が困難となった場合には、速やかにご連絡ください。ご連絡がない場合には、本助成金について翌年度以降の申請をすることはできません。

▼ 提出書類

(1)所定申請用紙(申請書・事業計画書・申請前確認リスト) 
※用紙は、事業団ホームページからダウンロードするか、または、下記申込・問合せ先まで
ご請求ください。
(2)登記簿謄本(台東区に登記されているもの)の写し、個人事業者の場合は開業届けの写し
(3)見積書等資金計画の根拠となるもの ※
(4)委託先の事業者概要(ホームページ等)または、委託先の外国語メニュー・パンフレット等作成実績等
(5)現状の日本語のメニュー・パンフレット等
※見積書等経費の根拠となるものについては、制作費と翻訳費の内訳が分かるものを提出してください。特に、翻訳費については、原稿量(文字数)が費用の算定根拠になりますので、原案となるおよその日本語の文字数を検討してから、委託先に見積を依頼してください。

申請書等ダウンロード

申請書等記入方法(PDF形式)

  1. 申請前確認リスト(エクセル形式)
    申請前確認リスト(記入例)(PDF形式)
  2. 申請書(ワード形式)
    申請書(記入例)(PDF形式)
  3. 事業計画書(ワード形式)
    事業計画書(記入例)(PDF形式)

(注意)ご提出いただいた書類は、お返しいたしませんので、ご了承ください。

▼ 申請から助成金交付までの流れ

・ 申請は、必ず事前に電話でご予約のうえ、窓口へご持参ください。(郵送での受付は行っておりません。)

▼ 申込・問合せ先 

公益財団法人 台東区産業振興事業団
〒111-0056 台東区小島2-9-18 台東区中小企業振興センター内
電 話 03(5829)4124   Fax 03(5829)4127
※受付期間は、月曜日から金曜日まで(祝日・年末年始を除きます)
受付時間は、午前8時30分から午後5時15分までです。