トップページ > 助成制度 > 外国語ホームページ新規作成費用支援 助成金

5.外国語ホームページ新規作成費用支援 助成金

▼ 事業内容

台東区内の中小企業が、自社にとって初めての言語となる外国語ホームページを作成する場合、経費の一部を助成します

→チラシ版はコチラからご覧ください

▼ 申請期間

2020年4月1日(水)~ 先着順
・申請の際は、下記問合せ先へ申請書類をご持参下さい
◆新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、郵送(※)での申請を受け付けております。

(※)申請書類に不備等がある場合 、申請書の再提出となる場合もありますので、必ず事前に電話にて内容確認等をしていただきますようお願い致します 。

なお、提出書類の準備ができましたら、郵送前に担当まで電話連絡をしてください。
(TEL 5829-4124  月~金曜日(祝日除く)8時30分~17時15分)

その後、FAXで申請書類を送付してください。
(FAX 5829-4127)

内容を確認後、ご連絡いたします。

▼ 助成内容


 例)制作費10万円 、 翻訳費6万円の場合 それぞれ1/2が対象経費となり
    ↓
   制作費 5万円 + 翻訳費3万円 = 8万円が助成金額 となります。

対象となる経費
申請日以降、2021年2月末日までに支出する経費
対象とならない経費・場合
×消費税
×パソコンやデジタルカメラ等の購入費
×インターネット接続に必要な工事費
×通信経費などの管理費
×サーバーの維持管理に必要な経費(レンタル料・月額使用料等)
×無償で提供されている翻訳サービス(Google翻訳等)を利用してホームページを作成した場合
他の主催するサイト(ショッピングモール、飲食店紹介サイト等)のコンテンツの一部としてウェブページを作成する場合
初期コンテンツ制作費用・外国語翻訳費のみが対象
×HP管理維持費用は対象外

▼ 事業の流れ


・申請は、必ず事前に電話で予約のうえ、窓口までご持参ください(郵送での受付は行っていません)
◆新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、郵送(※)での申請を受け付けております。
(※)書類の不備等がある場合 、申請書の再提出となる場合もありますので、必ず事前に電話にて内容確認等をしていただきますようお願い致します 。

・申請受付時には、事業計画の内容について詳しく伺いますので、説明の出来る方がお越しください。

▼ 申請時 提出書類


(*)見積書等経費の根拠となるものは、制作費と翻訳費の内訳が分かるものを提出してください。特に、翻訳費は、原稿量(文字数)が費用の算定根拠になるため、原案となるおよその日本語の文字数を検討してから、委託先に見積を依頼してください。

注:ご提出いただいた書類は、お返しいたしませんので、ご了承下さい。

所定申請用紙
事業計画書等の記入および提出について(PDF形式)
  1. 申請書(ワード形式)
    申請書(記入例)(PDF形式)
  2. 事業計画書(ワード形式
    事業計画書(記入例)(PDF形式)
  3. 申請前確認リスト(エクセル形式)
    申請前確認リスト(記入例)(PDF形式)

▼ 留意点

<対象となる企業>
下記①②を満たす台東区内の中小企業が対象です。
①区内に本店所在地(法人)、事業所(個人事業者)がある
②区内に営業の本拠を有する中小企業
また、農林・漁業、風俗関連業、金融業等の業種や、宗教法人、一般社団法人、NPO等は対象となりません。

 <申請について>
 ・申請は、1企業、年1回までです。
・国や都など、他機関が実施している同種の助成事業と重複して申請することはできません。

 <助成の条件>
・2021年2月末日までに、ホームページのアップロードと経費の支払を終了し、実績報告を事業団に提出できること。

 <その他>
翻訳費等の経費が一般的な市場価格に対して著しく高額となる場合は、理由の説明を申請事業者・委託先事業者の双方から求める場合があります。
・外国のお客様に対して誤解を与えるような表現や誤訳がないよう、ご注意ください。
・ホームページ開設が当初の計画より1か月以上遅れる場合は、変更届の提出が必要となります。
・事業実施が困難となった場合には、速やかにご連絡ください。ご連絡がない場合には、本助成金について翌年度以降の申請をすることはできません。