トップページ > 助成制度 > 知的所有権取得支援 助成金

15.知的所有権取得支援 助成金

今年度の申請受付は終了しました

▼ 事業内容

台東区内の中小企業が知的所有権を取得しようとする場合に経費の一部を助成します

→チラシ版はコチラからご覧ください

▼ 申請期間

・2021年4月1日(木)~先着順。予算満了時点で終了

▼ 助成内容


対象となる経費
申請日以降、2022年3月末日までに支出するもの
対象とならない経費・場合
×消費税
×助成金の申請日より前に支出した経費
×登録料の更新登録申請料
×4年目以降の特許料
×特許庁より審査請求料、特許料の免除を受けている場合
×特許出願を審査開始前に取下げまたは放棄し、審査請求料の返還を求める場合

▼ 事業の流れ



※書類の不備等がある場合、申請書の再提出となる場合があります。必ず事前に電話にて内容確認等をしてください。

▼ 申請時 提出書類


※ご提出いただいた書類は、お返しいたしませんので、ご了承下さい。

所定申請用紙

申請書等記入方法(PDF形式)

  1. 申請書(ワード形式)
    申請書(記入例)(PDF形式)
  2. 事業計画書(ワード形式
    事業計画書(記入例)(PDF形式)
  3. 申請前確認リスト(エクセル形式)
    申請前確認リスト(記入例)(PDF形式)

▼ 留意点

<対象となる企業>
下記①②を満たす台東区内の中小企業が対象です。
①区内に本店(法人)、事業所(個人事業主)がある
②区内に営業の本拠を有する中小企業
また、農林・漁業、風俗関連業、金融業等の業種や、宗教法人、社団・財団法人(一般・公益)、NPO法人等は対象となりません。

 <申請について>
 ・申請は、1企業、年1回までです。
・国や都など、他機関が実施している同種の助成事業と重複して助成を受けることはできません。

 <その他>
・申請前に、「特許情報プラットフォーム」で検索するなどして、類似する知的所有権の登録がないこと等を確認することをお勧めします。
出願から登録まで長期間要する場合もあります。スケジュールは、十分に余裕をもって計画ください。
・事業実施が困難となった場合には、速やかにご連絡ください。ご連絡がない場合には、本助成金について翌年度以降の申請をすることはできません。


変更があったとき

事業内容を以下のように変更または中止する場合は、速やかに下記お問合せ先にその旨を連絡し、届出をご提出ください。
① 助成金額に影響が及ぶ事業内容の変更をしようとするとき。
② 助成対象経費の20パーセントを超える変更をしようとするとき。
③ 各経費区分の20パーセントを超える変更をしようとするとき。
④ ①、②、③に掲げるもののほか、事業内容の大幅な変更をしようとするとき。
⑤ 助成事業を中止しようとするとき。

※届出がなく事業を変更または中止する場合は、助成金の交付を行わない場合や返納が生じる場合がありますので、ご注意ください。
※「変更承認申請書」と併せて、変更内容が分かる資料をご提出頂く必要がある場合がございます。詳しくは、担当までお問合せください。

実績報告書類

申請事業が完了した方は、下記より実績報告書類のダウンロード・記載をお願いいたします。
実績報告書類一式